市職員が無断早退を147回したらしいけど、拘束時間とやかく言うのってダサいよね

ビジネス
スポンサーリンク

実写版のアラジン超良かった、どうもまつがみです。

このニュース見ました?

https://www.huffingtonpost.jp/entry/city-employee-suspended-for-leaving-early_jp_5d1713fae4b07f6ca57d9484

このニュースを見て、ちょっと思ったことがあるので、お話していこうと思います。

※私は市職員ではないため、間違ったことを言ってる場合はコメントいただけると嬉しいです。

拘束時間とかまだとやかく言ってんのって感じ

このニュースを見た時の率直な感想は「え?5分くらい別にいいやん」って感じです。

私はこの41歳男性職員についての詳細は知りませんが、もし小さな子供がいたり、両親を介護しているとなった場合、30分に1本のバスを逃すっていうのは結構な時間の無駄になる訳ですよね。

国が働き方改革とか生産性の向上に取り組んでいくぞとか言ってるくせに、このニュースでは結局「拘束時間が大切だ!」っていう成果<時間の固定観念が根底にあるのを露骨に示していることになっています。

ほんと古臭い考えで超ダサい。

それにこの男性職員はいつも5分早く帰ってる代わりに、5分早く来て仕事をしているかもしれません。

っていうか5分なんて時間は、お昼ご飯を短くしたり、仕事の手を早めることでどうとでもなる時間です。

 

ってか、川口市にはフレックスタイム制度は導入されていないの?

私のSearch力不足のせいで「川口市 フレックス制度」と調べてもそれらしい結果が出てきませんでした。

もし川口市にフレックスタイム制度が導入されていたとしたら、この処分は何だかかわいそうという気持ちです(もはや不当な処分なのでは…?)。

今回は市民からの手紙でそれが発覚し、減給処分に至ったわけですが、その過程でフレックスタイム制度を導入しようかという議論に至らなかったのかも不思議に思います。

まぁ、なんというか、古い固定観念がまだまだ根付いているのが分かるニュースで少し悲しい気持ちになりました。

 

何かを変えることはできないがスマートな考えは持っておきたい

色々書いたわけですが、結局私は口だけでしか物を言えず、何かを変えることはできないです。

でもちゃんとベターな考えを持ち続けて、来るべき時に自分の考えを述べることができたらなぁと思います。

もし無断で早退した市職員のニュースを見て「けしからん!」と思ってた人も、このブログを読んで「確かにそういう考えの方がスマートだよね」って思ってもらえたら嬉しいです。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました